甘くない大人のレースアイテムを目指して。待望の冬のレーストップス「ウールシルク ロングスリーブ」がデビュー!

2022年10月7日(金)にリリースされた新作「ウールシルク ロングスリーブ」。リブニットと繊細なリバーレースを組み合わせた、アウターとの重ね着を楽しめるロングスリーブのトップスです。この新作の魅力を詳しくお届けするため、デザイナーのKyokoにデザインのこだわりを尋ねました。さらに「ウールシルク ロングスリーブ」を使った着こなしもご紹介します。

■リブニットと精緻なレースを組み合わせた斬新なアイデア


<「ウールシルク ロングスリーブ」>¥17,600

ニットの袖をレースで切り替える、斬新なデザインの「ウールシルク ロングスリーブ」。AROMATIQUEでは袖全体をレースにした華やかで軽やかなコットン素材の「コットンリバーレース ロングスリーブ」があり、アウターとレイヤードもしやすく、着回しもしやすい、と好評をいただいています。

<「コットンリバーレース ロングスリーブ」>¥22,000

レースがお好きなお客様が多いこともあり、Kyokoは以前から袖にレースをあしらった冬にも着られるインナーウェアを提案したいと考えていたそう。

「冬のインナーウェアは防寒重視でベーシックになりがちだからこそ、レースで華やいだ気分になるデザインがといいな、と思っていました」

甘くなりがちなレースアイテムでも、クールな大人の冬インナーを目指し、また暖かくすごしていただきたいとの思いから、袖全体ではなく袖先だけレースにしているのがポイントです。

「ウールシルク ロングスリーブ」はアウターとして1枚でも着られるデザイン

伸縮性の高いリブニットとレースを縫い合わせるには、高い技術が必要。そのため、細部にまでこだわっています。

「ニットとレースのバランス感は試行錯誤しました。レースをふんわりとさせると、甘くなってしまい、クールな大人の冬インナーとはかけ離れますし、重ね着をした時にアウターに響きます。それらを回避するため、縫い合わせは傾斜にし、すっきりとした印象に仕上げています」


リブニットに対し、斜めにレースを縫い付けています

■袖を通すと肌の上で繊細な線画が生まれる、儚げなリバーレース

レースはいくつかの候補のなかから、AROMATIQUEチームで最も人気の高かったリバーレースを採用。このレースにもこだわりがあります。

何枚もアコーディオンリブとの組み合わせを確認し、厳選した「ウールシルク ロングスリーブ」のレース

「レースを用いても甘すぎない、が『ウールシルク ロングスリーブ』のテーマ。一般的な花柄のレースはエレガントすぎたり、可愛すぎたりします。でもこのリバーレースは線がシャープなので、花柄がクールで繊細。不揃いなスカラップラインやアイラッシュ(縁にあしらわれたヒゲの部分)も儚げで、袖先を美しく見せます」

デリケートなリバーレースは、袖を通していない時でも美しさが際立ちます。

レースを黒にしたのもクールで大人っぽいデザインにするためですが、こんな効果も。

「レースの柄が線画風に見えるため、腕の上に精密な絵が描かがれているようで素敵です」

着る人を美しく見せる「ウールシルク ロングスリーブ」のレース

レースで肌の透け感が楽しめるため、ネックラインはやや詰まり気味にして露出を調整し、首元にはアクセントのベルベットテープをあしらっています。

■「ウールシルク ロングスリーブ」で冬のおしゃれの幅を広げ、スタイリングにエレガンスを

冬は薄手ブラウスやシャツといった、軽快感のあるトップスをさらりと着るのは難しいですよね。でも「ウールシルク アコーディオン」をインナーウェアに着ると、冬でも薄手トップスが楽しめるうえ、洒落感もプラスできます。


アウターの袖をたくし上げれば「ウールシルク ロングスリーブ」のレースがのぞきます

防寒性はアップしながらも「ウールシルク ロングスリーブ」はぴったりと密着するため、体の線にも響きません。アウターの袖からレースをのぞかせれば、カジュアルなアウターでもエレガントさが加わります。

重ね着が楽しみになる「ウールシルク ロングスリーブ」。ワードローブに加えて、冬のお洒落を充実させてください。

■アイテム詳細/ご購入はこちらから:
  https://aromatique-japan.jp/products/list.php?category_id=7

Writing : tica tsushima

 


コーディネートの幅が広がる!シルクアコーディオンの新作「ボトルネック」と鮮やかな新色が登場

「もっとアウターウェアとのコーディネートを楽しみたい」との声を受けて、シルクアコーディオンシリーズに「ボトルネック」が仲間入りしました。AROMATIQUEがこだわり、体感いただきたいポイントをお届けします。

さらにこちらもご要望の多かったシルクアイテムの新色2色が仲間入り。新色を使ったスタイリングもご紹介します。

■アウターとの重ね着がさらに楽しくなる「シルクアコーディオン ボトルネック」がデビュー

アウターとのコーディネートをより楽しんでもらいたいと誕生したのが「ボトルネック」です。


<シルクアコーディオン ボトルネック ロングスリーブ>¥19,800

最大の特徴は、AROMATIQUEのシルクトップスでは初めてとなるハイネック。ルーズフィットにして、リラクシーな着用感を追求しています。

長すぎず短すぎない丈のネックはシームレス。これは繊細なシルク100%の生地でも長く愛用いただけるよう、傷みづらくするためネックは切り替えをなくして身頃とつながったボトルネックに。これにより首まわりがすっきりとして見えます。さらに縫い目がないことで、より洗練されたデザインになっています。

締め付けることなく、柔らかくフィットするボトルネック>

アウターからのぞかせた際、美しく見えるよう波型のメローは何度も調整しています。「ボトルネック」をインナーウェアにしておくと、ウール100%のハイネックニットを重ねても首がチクチクせずに快適です。


<なめらかにボディラインにフィットする「シルクアコーディオン ボトルネック」>

袖の長さも定番人気の「シルクアコーディオン ロングスリーブ」より3cmほど長くしており、アウターからカフスをのぞかせるスタイリングも楽しめます。

シルクは愛用するにつれ、ボディラインになじんで少し落ち感が出る特性を持っています。その時にも程よいシルエットになるパターン形状を追究。

モノづくりにこだわっているタカギだからこそ、フィッティングチェックと洗濯を繰り返し、こだわり抜いた仕上がりです。

■シルクアイテムに待望の新色2色が追加!

<シルクアコーディオン ロングスリーブ アクアブルー>¥19,800<シルクアコーディオン Vフロントキャミソール>¥11,000

コットンに比べ、染色が難しいシルク。一方でシルクアイテムのカラーバリエーションを増やしてほしいとのご要望も多く、2022年秋冬シーズンでは、アクアブルーとクロムイエローの新色2色が仲間入りしました。いずれもシルク独特の美しい光沢感と繊細な発色にこだわっています。

■スマートで大人の余裕を感じさせるアクアブルー


<シルクアコーディオン ロングスリーブ アクアブルー>¥19,800,コットンリバーレース レーシィショーツ ラベンダー> ¥6,050 

落ち着いた深い海を連想させるアクアブルー。寒色系でありながらマイルドな色味で、大人の余裕を感じさせます。

新色アクアブルーのおすすめインナーウェアスタイリングはこちら。


左から <シルクアコーディオンロングスリーブ アクアブルー> ¥19,800, <コットンリバーレース レーシィショーツ ラベンダー> ¥6,050 , <シルクアコーディオン Vフロントキャミソール アクアブルー> ¥11,000 , コットンストレッチ スタンダードショーツ シャドウブルー> ¥3,850

同系色コーデで色のグラデーションを楽しむのがおすすめ。ブルーやパープルなどのボトムと合わせて綺麗なブルー系配色に。 

■チアフルな雰囲気を纏えるクロムイエロー

<シルクアコーディオン Vフロントキャミソール クロムイエロー>¥11,000

クロムイエローは身に着けるとコーディネートが華やぐだけでなく、気分も明るくなる色。存在感のある色なのでコーディネートのポイントになります。

新色クロムイエローのおすすめインナーウェアスタイリングはこちら。

左から <シルクアコーディオン ロングスリーブ クロムイエロー> ¥19,800 , <コットンリバーレース スタンダードショーツ サイプレスグリーン>¥5,830,<シルクアコーディオン Vフロントキャミソール クロムイエロー> ¥11,000, <コットンリバーレース マキシショーツ アッシュグレー>¥9,900 

派手になりがちなイエローですが、AROMATIQUEのクロムイエローはどこか落ち着いた色合い。レースボトムやシックな色合いのショーツを合わせて、大人っぽく着こなすのがおすすめです。

Writing : tica tsushima


AROMATIQUE初!お客様の声を反映したミニマルなデザインのシンプルシリーズが誕生

エレガントなデザインで大人の女性を虜にするAROMATIQUEから、新たにシンプルシリーズが仲間入りしました。「素材のよさを存分に体感でき、AROMATIQUEのボトムスともコーディネートしやすいミニマルなデザイン」をテーマに誕生した同シリーズは、今の気分にフィットした2つのキャミソールが揃います。

■「シンプルなコットンのアイテムがほしい」。お客様の声を反映した今着たい2型

通常、AROMATIQUEは毎シーズンコレクションラインを通じてブランドの伝えたい世界観を表現していますが、今回の2つのキャミソールはコレクションとは別の世界観を新しく表現しようと、AROMATIQUEのSALESメンバーが舵取りしているのが最大の特徴です。
SALESメンバーは日々お客様や百貨店、セレクトショップなどのバイヤーさんと接し、様々な要望をちょうだいしています。特に多いリクエストが「シンプルでミニマルなデザインのアイテムがほしい」「着心地のいいコットンインナーがほしい」。それらのお声を反映し、誕生したのが2つのミニマルなキャミソールです。
さらに企画したSALESチームは、アウターのブランドでも経験があるメンバー。ジャケット、透け感のあるブラウスやプルオーバーなどからのぞかせても様になる洗練されたデザインです。

■スタイリストからも高支持! AROMATIQUE初アメリカンスリーブのキャミソール

AROMATIQUEは初めてとなるアメリカンスリーブの「コットンアコーディオンキャミソール」。一般販売に先駆けて行われた展示会では、ファッション感度の高いスタイリストさんなどを中心に最も注文が多かったアイテムでもあります。

「コットンアコーディオンキャミソール ホワイト×ブラック」>¥5,830

程よく開きのあるネックライン、抜け感のあるVバックのアメリンスリーブは、スポーティな中にもモダンな印象。本体と同じフィロスコッチアの糸を低速編み機で編んだストラップにもこだわりが。1日に編む量が限られるほど丹念に編んでいるため、背中に優しく沿うストラップに仕上がっています。

「コットンアコーディオンキャミソール ホワイト×ブラック」>¥5,830

伸びのいいアコーディオンリブのため、着る人によってストラップの角度に差が出ないよう何度も調整し、バックデザインの美しさをキープできるように仕上げています。

■素材のよさがよくわかる!装飾を削ぎ落とした飽きのこないキャミソール

フィロスコッチアのコットンのよさを存分に体感したいなら「コットンフライスストレートキャミソール」を。従来のAROMATIQUEのラインナップにはない、無地で直線のネックラインで、毎日でも着たくなるアウターを選ばないミニマルなデザインです。

「コットンフライスストレートキャミソール ブラック」>¥5,500

ミニマルシンプルなデザインであるからこそ、バックのカーブとストラップの位置にこだわり、デコルテや背中がきれいに見えるように工夫しています。シンプルなアイテムだから、素材のよさが際立ち、感動の着心地が体感できる1枚です。


左 <「コットンフライスストレートキャミソール アッシュグレー」>¥5,500、右<「コットンアコーディオンキャミソール ブラック」¥5,830>

AROMATIQUEのアイテムの裾はメロウと呼ばれる波打ったヘムラインが多いですが、今回はすっきりとストレートラインに。アコーディオンリブの伸びにも対応できるように仕上げています。

展示会では複数枚購入も多かったこの2アイテム。デイリーに着やすく、AROMATIQUEのボトムともコーディネートしやすいので、ぜひ一度生地のよさを体感してみてください。

ご紹介アイテムの詳細/お買い求めはこちらから
https://aromatique-japan.jp/products/list.php?category_id=7
*展開カラー:ブラック、ホワイト、アッシュグレー

Writing : tica tsushima


夏のAROMATIQUE恒例!人気アイテムがたくさんつまったサマーバッグが6月24日から登場

AROMATIQUEの人気アイテムがセットになった、毎夏好評のサマーバッグを今年も 6月24日(金)11時より、オンライン限定で発売します。今年は1万円セット(税込¥11,000)2万円セット(税込¥22,000)の2種類をご用意。今年はどんな中身か気になりますよね。そこで一足お先に気になる内容の一例をご紹介します。

■1万円セットと2万円セット共通アイテムは、今の時季に嬉しいブラレット

1万円セットと2万円セットに共通で入っているのがブラレット。


1万円セット、2万円セットに入っているブラレットの一例

背面に羽のようにリバーレースをあしらった贅沢なデザインです。華やかなでありながら、カップの生地はコットン100%、アンダーにテープを使用せずに生地を折り返しているためストレスフリーな着け心地。安定感も兼ね備えているので、薄着になる季節も安心です。

■1万円セットには、贅沢な総レースアイテムやサマーバッグ初登場のソングが入っているものも!

1万円セットも2万円セットも数種類の内容をご用意しますが、1万円セットはトップス3点とショーツ1点が必ずセットになっています。


1万円セットの一例


1万円セットの一例

3点のトップスの中には、フランス製のレースを惜しげもなく使用した、高価な総レースボレロか総レースキャミソールのいずれかが入っています。


<1万円セットに含まれる総レースボレロの一例 >


<1万円セットに含まれる総レースキャミソールの一例 >

繊細なレースから素肌が透け、インナーウェアとしてはもちろん、アウターとのコーディネートも楽しめるロマンティックなアイテムです。
さらにサマーバッグ初登場となるソングが入るセットも!


<1万円セットに含まれるソングの一例>

上品な光沢感あるコットン生地と華やかなリバーレースを贅沢に使用。薄手やタイトなパンツの際にも響きにくいだけでなく、お持ちのリバーレースのトップスとセットアップで楽しめます。

■サマーバッグ初登場のシルクアコーディオンのキャミソールが入った2万円セット

2万円セットは、シルクアコーディオンのキャミソール1点を含むトップス4点、ショーツ2点がセットになっています。


2万円セットの一例

目玉はサマーバッグに初めて登場するシルクアコーディオンのキャミソール。


<2万円セットに含まれるシルクアコーディオンのキャミソール(※画像はイメージです)>

吸湿・保温性に優れたシルクをアコーディオンリブに編んでいるので、夏は涼しく、冬は暖かく通年活躍します。

他にも通気性がよく汗を吸収して夏のインナーにぴったりのコットンキャミソールなど、おすすめ商品ばかりを詰め込んでいます。

■サマーバッグ購入者には洗濯ポーチをプレゼント!

サマーバッグをお買い求めくださった方には洗濯ポーチをプレゼント。


<サマーバッグをお買い上げくださった方にプレゼントする洗濯ポーチ>

使用した下着を入れて、洗濯機に投入すればまるごと洗える便利! さらに軽くて通気性もあるので、旅行などにインナーウェアを持って行きたい時はもちろん、化粧品などの小物を入れるポーチとしてデイリー使いもおすすめです。

サマーバッグの発売期間は、2022年6月24日(金)11:00~7月29日(金)13:00(なくなり次第終了です)。

今日買って、明日から長く使えるAROMATIQUEのアイテムが詰まったサマーバッグ、ぜひ手に入れてください。

◆サマーバックご購入はこちらから◆
・1万円セット:https://aromatique-japan.jp/products/detail.php?product_id=853&admin=on
・2万円セット:https://aromatique-japan.jp/products/detail.php?product_id=854&admin=on

※配送:6/27(月)以降、順次発送いたします。
※商品の内容に関するお問い合わせはお答え出来かねますので、予めご了承ください。
※カラーはお選びいただけません。
※限定数量に達し次第、締め切りとなっております。
※お一人様2セットまでのご購入となっております。
( その他の注意事項は商品ご購入ページよりご確認ください。)

Writing : tica tsushima

 


レース好きなあなたへ! AROMATIQUE初の総レースショーツ&ブラが誕生

2022年春夏シーズンよりコットンリバーレースシリーズに新たに加わった、レーシィショーツとトライアングルブラ。従来のレース製品よりも、贅沢にレースを使用しているのが特徴です。今回はその魅力をお伝えします。

■機能性と柄のエレガントさが魅力の日本製レースを大胆に使用

これまで「世界のいいものをセレクト」にこだわり、ヨーロッパの素材を中心に使用してきたAROMATIQUE。レーシィショーツとトライアングルブラには、初めて日本のレースを採用しています。

コットンリバーレース トライアングルブラ各¥10,450コットンリバーレース レーシィショーツ各¥6,050

素材選びにこだわりがあり、最高品質のものを厳選するAROMATIQUEが今回のレースを用いたのには理由があります。

それはデリケートな総レースのショーツとブラでも、デイリーに活躍させてほしい気持ちが強かったから。だからレースには頻繁な着脱や洗濯に耐えられる強度と、スムーズな着脱を適えるストレッチ性、そして美しくてファッショナブルな柄を求めました。実はこれらを兼ね備えたレース素材は、あまり多くありません。それを総合的に判断してたどり着いたのが、初めて採用した日本製のレースでした。


<インナーウェアにはあまり使われない繊細なレースを使用>

■レースがヒップ全体を覆うレーシィショーツ

AROMATIQUEで人気のマキシショーツとの最大の違いは、ヒップのデザイン。マキシショーツのバックスタイルはソングにレースを重ねたデザインですが、レーシィショーツはレースがヒップ全体を覆う、より軽やかなデザインです。


<たっぷりとレースを用いたレーシィショーツ>


<ゴムではなくチュールで仕立てたウエスト>

またレースの使用面積が広くとも、手頃な価格になっているのも見逃せません。

■フロントまでたっぷりレースをあしらったトライアングルブラ

これまでのブラレットはバックレースのみでしたが、トライアングルブラはフロントのパッドの上にもレースをあしらっているのが贅沢。


<後ろ姿もさりげなくレースが見えるようデザインしています>

アンダーの部分はノンワイヤーのうえ、チュールをあしらっています。肌当たりが優しく、ストレスフリーな着心地を実現。さらにリバーレースとチュールの組み合わせで見た目の軽やかさも感じられます。

さらにパッドは取り外しができ、アウターや気分に合わせて使い分けられます。

<パッドを出し入れするだけで、簡単に着脱ができます>

カラーは爽やかなセージグリーンとシックなラベンダーの2色展開。

総レースでもストレッチが効いているので、普段どおり動けるのも魅力なレーシィショーツとトライアングルブラ。レース派はもちろん、そうでない人にも手にとってほしいアイテムです。

※価格はすべて税込です。
Writing : tica tsushima

 


女性を元気づけたい。そんな思いから、人気の茶系カラーに新色マホガニーが仲間入り!

3月8日は、国際女性デーです。1975年の制定以来、女性の生き方を考える日として、世界はもとより日本でも様々な取り組みがされています。サニタリーショーツにルーツを持ち、女性の快適さを追求するメーカーが手掛けるAROMATIQUE。そんな背景があるからこそ、AROMATIQUEを運営するメンバーは女性社員が主体。自分事としてアイテムを考え、提案しているからこそ、女性が輝くアイテムが生まれるのです。

■すべては「女性の心地いい」のために

AROMATIQUEを運営するTAKAGIは90年以上の歴史を持つ老舗の女性下着メーカーであり、サニタリーショーツのパイオニアです。まだ生理用ナプキンのない時代であった1950年代に、創業社長の妻の発案により生理帯の製造を開始し、以来女性の体に向き合い続けています。

さらに早くから女性の社会進出を促し、積極的に女性の雇用を創出。現在は女性が代表取締役を務め、月経を軸にジェンダーレスな社会づくりを推進しています。


<女性社員が活躍する1970年代のTAKAGI>

そんな背景があるため、プロデューサーやデザイナーなどから構成するAROMATIQUEチームのメンバーは7人中6人が女性。


<AROMATIQUEチームのメンバー>

女性が主体となって商品のデザインや着け心地を追求しているため、気分の高まるデザインと快適な着用感の両立を可能にしているのです。

■アジア人の肌色に合う茶色を追求。今季は赤味の強いマホガニー

<(左上から時計回りに)コットンストレッチ フィットブラ トープ¥9,900、フロントレースキャミソール¥9,680コットンリバーレース ソング クルミベージュ¥5,280、コットンリバーレース スタンダードショーツ ブラン¥5,830>

毎シーズン新色をリリースする中で、常に高い人気を誇っているのがブラウン系カラー。汚れが目立ちにくいという実用的な理由もありますが、一口に茶色と言っても毎回吟味し、アジア人の肌色に合う色味を厳選しているからこそ支持を得ています。

2022年春夏シーズン、リリースする色はマホガニー。


コットンアコーディオン パッド付きキャミソール マホガニー  ¥9,460>

赤味の強いブラウンは、スタイリング次第で、エレガントにも女性らしくも着こなせます。

今回、この色を選んだ理由をプロデューサーはこう説明します。

「自宅にこもる時間が増え、自然が恋しい人が増えています。土などの自然を想起させる色で、女性を元気づけたい。そんな思いを込めました」

<(左から)コットンリバーレース パッド付キャミソール¥9,460、フロントレースキャミソール¥9,680、コットンリバーレース スタンダードショーツ¥5,830、コットンアコーディオン タンクトップ ¥8,580、コットンアコーディオン パッド付きキャミソール¥9,460>

シーズンレスに着用しやすい色味でもあるマホガニー。ワードローブに取り入れれば、ポジティブな気持ちになれるはず。

※価格はすべて税込です。
Writing : tica tsushima

 

 


アウター感覚で着られるアイテムも! 冬にぴったりのウールシルクシリーズの新色はグレージュ

日に日に寒さが厳しくなり始めました。こんな時季は暖かなウールシルクシリーズをインナーウェアに取り入れて、冷えから身を守りましょう。ウールシルクシリーズの紹介とともに、新色に加わったグレージュの魅力をお届けします。

■アウターウェアにもなるアイテムも揃うウールシルクシリーズ

保温性や吸湿性に優れ、ウールの中でも最高級と称されるメリノウール素材とピュアシルクを混紡し、暖かさと肌あたりのよさを兼ね備えたウールシルクシリーズ。天然素材ならではの質のよさを最大限に引き出したオリジナル素材で、しっとりと肌になじみます。

手軽に防寒したいならウールシルクリブ キャミソールがオススメ。


ウールシルクリブ キャミソール グレージュ、ブラック、ネイビーブルー各¥13,200>

アコーディオンリブに編み立てたキャミソールで、しっかりと伸びてフィットし、暖かさを逃しません。ストラップの小花柄とリーフ柄をミックスしたリバーレースをストラップにし、防寒のみならず、エレガントさもあります。

アウターウェアからのぞかせたくなるインナーウェアも。それがウールシルクシリーズのアイコン的アイテムであるウールシルク バックレースロングスリーブ。

<[右から]ウールシルク ロングボトム ブラック¥14,300、ウールシルク バックレースロングスリーブ ブラック、グレージュ各¥17,600>

背面にレースを大胆に施すことで、背中の開いたアウターウェアも素肌を見せることなく着こなしをサポート。もちろん保温性や保湿性も高いので、乾燥する季節の心強い味方です。

キャミソールやロングスリーブとセットで着用できるのがロングボトム。ウエストのテープはくい込みにくく、肌にあたらないので優しい着心地です。これを組み合わせれば、冷えやすい下半身も安心。

防寒性が最も高く、アウターウェアとしても活用できるのがウールシルクリブ ハイネックロングスリーブです。


<[右から]ウールシルクリブ ハイネックロングスリーブ グレージュ、ネイビーブルー、ブラック各¥17,600>

首元からの寒さも寄せつけないハイネックデザインは、AROMATIQUEで人気のアイテム。アウターウェアからハイネックを見せるレイヤードはもちろん、ハイネックロングスリーブ自体をアウターウェアとして活用することもできます。

<インナーウェアの透け感が楽しめる生地感。ハイネックはクシャッとさせる着こなしがオススメです。>

サイドはシームレスのため見た目がすっきりしているだけでなく、肌あたりもやさしく、快適に着られます。

■ウールシルクシリーズの新色は、絶妙な色合いのグレージュ

ウールシルクシリーズ2021年秋冬シーズンの新色は、グレージュです。

<[右から順に]ウールシルク バックレースロングスリーブ グレージュ¥17,600、ウールシルクリブ ボトム グレージュ¥ 8,800ウールシルクリブ ハイネックロングスリーブ グレージュ¥17,600、ウールシルクリブ キャミソール グレージュ¥13,200>

 

やさしい雰囲気の中に、どこかクールさも感じられる絶妙な色味は、シルク混素材にのせていることで光の加減によって表情を変えるから。


<絶妙なニュアンスを持つグレージュ。素材による効果でアンティーク調の味も加わり、思わずアウターウェアとして見せたくなる色味です。>

インナーウェアはもちろん、アウターウェアとしても活躍するアイテムが揃うウールシルクシリーズ。寒さが本格化する前にぜひ手に取ってみてください。

ウールシルクシリーズの購入はこちらから

https://aromatique-japan.jp/products/list.php?category_id=97

※価格はすべて税込です。

Writing : tica tsushima

 


アウターはもちろん別色インナーともコーデもしやすい!コットンストレッチシリーズ新色のトープは万能選手

ゆっくりと季節が深まり、アウターだけでなく、インナーウェアも秋色にシフトさせたい気分。そんな時にチェックしたいのが、コットンストレッチシリーズの新色トープ。ニュアンスのブラウンカラーは、日本人の肌色にもなじむ、着る人を選ばない色です。

■デイリーに、軽いスポーツ時に活躍するコットンストレッチシリーズ

写真上から右回りに<コットンストレッチ フィットブラ¥9,900コットンストレッチ レギンス¥9,020コットンストレッチ フィットショーツ¥3,850コットンストレッチ バンドゥブラ¥8,800

写真のフィットブラ、レギンス、フィットショーツ、フィットブラのほか、フィットブラタンクの5アイテムを揃えるコットンストレッチシリーズ。伸縮性に優れ、きめ細やかでやわらかな肌触りのコットンを使用し、日常使いしやすいシンプルなデザインとストレスフリーな着心地を追求しています。程よいフィット感もあるため、ヨガやストレッチ、軽いランニングなど、スポーツシーンにも適しており、リピーター続出のシリーズです。

■日本人の肌色に合う絶妙なブラウン系カラーのトープ

2021年秋冬シーズンのAROMATIQUEは、シリーズごとに3つのブラウン系新色をラインナップ。コットンストレッチシリーズは、3色の中でも最も赤みがかった茶色であるトープを採用しています。

光沢感のあるコットンストレッチ生地にトープをのせると、光の加減で様々なニュアンスが生まれ、ブラウンでも明るい印象です。日本人の肌色になじみやすいだけでなく、秋冬のアウターウェアとのコーディネートもしやすい色味となっています。

■別色のインナーウェアと合わせやすい色味

インナーウェアのコーディネートは同色で揃えるのはもちろん、別色と組み合わせてもバランスよくキマるのがトープの懐の広さ。

写真上から<コットンストレッチ フィットブラ トープ¥9,900コットンストレッチ フィットショーツ ブラック¥3,850

最もトライしやすいのは、同じコットンストレッチシリーズのブラックとのコンビネーション。同素材のため、色が違ってもミスマッチ感が出ません。万能カラーの黒なら、特に合わせやすく、コーディネートを大人っぽく洗練させます。

アウターウェアだけでなく、インナーウェア同士のスタイリングもしやすい新色のトープ。ぜひ一度手に取って、その使い勝手のよさを実感してください。

※コットンストレッチシリーズアイテム一覧/オンラインストアはこちら
https://aromatique-japan.jp/products/list.php?category_id=95

※価格はすべて税込です

Writing : tica tsushima


ネックラインの絶妙な開き加減、ストラップの細さで女性らしさを追求!コットンアコーディオンシリーズにタンクトップが仲間入り

柔らかく、伸縮性のある素材で人気のコットンアコーディオンシリーズに、今春待望のタンクトップが仲間入り。従来のタンクトップよりもフェミニンに着られるよう、ディテールにこだわったコットンアコーディオン タンクトップの魅力をひも解きます。

■目指したのは、カジュアルすぎず女性らしさを感じさせるタンクトップ

キャミソールよりもアウターに近い感覚で、女性らしく着られるトップスがほしい、との声にお応えして誕生したコットンアコーディオン タンクトップ。


コットンアコーディオン タンクトップ 各¥8,580

追求したことは、女性らしく着こなせること。一番時間をかけたのは、デコルテを美しく見せるためのネックライン。タンクトップで一般的なUネックではカジュアルになり、また開きすぎるといやらしくなるため絶妙なVネックに。


<デコルテが一番きれいに見えるよう苦心したネックライン>

 

キャミソールと違い、ストラップに幅があるタンクトップ。肩のあたりが野暮ったくならないよう、肩ひもを極力細くして華奢に見えるようにもしています。


<一般的なタンクトップよりストラップが細く、背中が開いているコットンアコーディオン タンクトップ>

 

さらにバックスタイルのネックラインも、少し広めに。肌が見える面積が広くなることで、着ると女性らしさが感じられるようになっています。

■ブラと重ねやすいからアウターの一部としても着られる

色はホワイト、ブラック、アッシュグレーのベーシックなカラーをラインナップ。あえて定番色のみの展開にしたのは、アウターの一部として着やすさにこだわっているからです。


<春夏は、タンクトップの上にシャツを羽織るコーディネートもおすすめ>

ブラの上にキャミソールを重ねると、ブラのストラップが出てしまいますが、タンクトップなら、ブラの心配をせずにすみます。だから透け感のあるトップスとレイヤードしてもスマートに。ネックラインにはケミカルレースをあしらっているので、ネックラインの開いたアウターからレースをのぞかせても素敵。

インナーウェアとしてはもちろん、アウターウェアの一部としてコットンアコーディオン タンクトップを活躍させてください。

※価格はすべて税込です。

Writing : tica tsushima

 


月経時の心身のストレスを減らす!AROMATIQUE初のサニタリーショーツが登場

3月8日は、ジェンダー平等実現に向け、女性を称える国際女性デー。AROMATIQUEでは、初となるサニタリーショーツがデビューしました。

■サニタリーショーツの開拓者だからできた、ディテールへのこだわり

日本で生理用ナプキンが一般的になったのは、約60年前のこと。当時は綿のショーツに生理用ナプキンを装着していたので、フィット感はイマイチ。それを変えたのが、AROMATIQUEを運営するタカギでした。スパンデックスという伸縮性のある生地を開発し、ナプキンを挟みやすく、体にフィットするショーツを発明。これがサニタリーショーツのエポックメイキングとなり、タカギはサニタリーショーツのパイオニア的存在として知られています。


<サニタリーショーツ各¥3,800>

そんな出自であるため、AROMATIQUEでもサニタリーショーツの構想はデビュー当初からありました。そして満を持して登場するサニタリーショーツは、ブルーデイのストレス軽減を追求しています。
タカギの伝統的なパターンを採用したサニタリーショーツ最大の特徴は、足に沿う立体のシルエットと、足ぐりにゴムを使っていないこと。

月経中、大きなリンパが通っているそけい部を圧迫すると、よけいむくみやすくなります。立体的なパターンと足ぐりにゴムを使わず、生地を折り返すことでそけい部を解放。肌当たりもよくなり、食い込みにくく、またヒップの生地のずり上がりも防止してストレスを感じづらいのがポイントです。

サニタリーショーツで一番重要なことは、漏れないこと。防水布は羽根つきがつけられるように二重に。

二重になっていることで、生理用ナプキンがずれないだけでなく、羽根がそけい部に触れることもありません。

■ブラとおそろいで身につけられるサニタリーショーツ

普段はシンプルなショーツを愛用しているのに、サニタリーショーツはレースなどの装飾が過多で不満……。AROMATIQUEは普段のインナーウェアと同じ感覚ではいてほしいと、シンプルなデザインを徹底。


コットンストレッチ フィットブラ¥9,900サニタリーショーツ¥3,800

コットンストレッチのフィットブラとペアで着用することができ、憂鬱なブルーディもインナーウェアのおしゃれが楽しめます。

ストレスフリーで、インナーウェアのコーディネートも我慢しなくていいAROMATIQUEのサニタリーショーツで、毎月の月経を少しでも快適にすごしてください。

※価格はすべて税抜です。
※公式オンラインストア サニタリーショーツ商品詳細
https://aromatique-japan.jp/products/detail.php?product_id=739

Writing : tica tsushima