これで虫に食われる心配は減!正しい冬のインナーウェアの保管方法を教えます

4月を迎え、そろそろインナーウェアの衣替えを考えている人も多いはず。AROMATIQUEのアイテムは天然素材を使用しているため、長く愛用していただくには保管にちょっとしたコツがあります。来年以降もきれいに着るため、最適な方法を伝授します!

■保管前の洗濯は、中性洗剤での手洗い・陰干しを

AROMATIQUEでよく用いるウールやシルクといった天然繊維。天然繊維にはたんぱく質が多く含まれ、このたんぱく質を害虫が好みます。さらに着用時に付着した汗や皮脂の汚れもたんぱく質があるため、そのままにしておくとよけいに害虫に狙われるはめに。

<右/ウールシルクリブ キャミソール ネイビーブルー¥13,200 ・左/ウールシルクリブ ハイネックロングスリーブ ブラック¥17,600

それを防ぐため、保管前にはまず洗濯を。たんぱく質はアルカリ性に弱いため、洗剤は保管時のみならず普段から中性洗剤を使ってください。仕上がりがふわっとするため、基本的には手洗いがおすすめ。洗濯機の場合は必ずネットに入れて。
また生地が伸びる可能性があるため、柔軟剤の使用は避けてください。

シルクアコーディオン ロングスリーブ各¥19,800

紫外線は変色の原因にもなりますので、干す際は陰干しで。
湿度の高いと害虫が現れるので、密閉性の高い衣装ケースに防虫剤とともに保管しましょう。梅雨〜夏にかけては湿度も上がってくるので、一緒に除湿剤も入れるとより安心です。

糸をはじめ、編立も縫製もすべての工程に時間と手間をかけているAROMATIQUEのアイテム。そのため毎日洗濯していても、色落ちや型崩れしにくく、長年愛用いただけますが、保管時にも少し手間をかけるだけで、きれいな状態でより長く着ることができます。正しく保管して、次の冬もぜひ愛用してください。

※価格はすべて税込です。

Writing : tica tsushima


アウターをもっとおしゃれに! AROMATIQUEスタッフが実践するインナー活用術 

デザイン性の高いインナーウェアが豊富に揃うAROMATIQUE。インナーだけに留めておくのはもったいない、とアウターのコーディネートとして活用するスタッフも。そんなスタッフが実践している、AROMATIQUEのインナーを活用した大人の着こなし術をお届けします。

■【コーデ活用術1】インナーの袖をアウターの袖口からのぞかせる

最も挑戦しやすいのは、アウターから長袖インナーの袖先を少し見せるテクニック。

Brand Producer Mai 



<愛用しているインナーウェア>
「シルクアコーディオンロングスリーブ」


「シルクアコーディオンロングスリーブ」¥19,800
https://aromatique-japan.jp/products/detail.php?product_id=685

Maiが昼はもちろん、パジャマの下に着用しているほど愛用するのが「シルクアコーディオンロングスリーブ」。
「滑りのいい生地を使用しているので、アウターとの引っ掛かりがありません。また温かいのにごわつかない薄手でアウターに響かないのが魅力です。」
Maiがよくするのが、白いトップスと「シルクアコーディオンロングスリーブ」の白をレイヤードする同色系コーディネート。

一見シンプルなモノトーンコーディネートですが、袖口からちらりと「シルクアコーディオンロングスリーブ」のフリルをのぞかせているのがポイント。

さりげないフリルなので大人も真似しやすいテクニックです。
アウターからインナーの袖をのぞかせるのはNamihoも実践。

Marketing / Sales Namiho



<愛用しているインナーウェア>
「コットンリバーレースロングスリーブ」


「コットンリバーレースロングスリーブ」¥22,000
https://aromatique-japan.jp/products/detail.php?product_id=590

「コットンリバーレースロングスリーブ」のレースが際立つように、アウターにはメンズのカシミヤ素材のポロニットをセレクト。

「色味も揃えるとインナーとアウターの一体感が出て、ベーシックなニットにもひねりが加えられます」

またNamihoはこんな提案も。
「ドレスやオールインワンのインナーにもおすすめ。メンズライクなアイテムやジャケットの時ほど、インナーに『コットンリバーレースロングスリーブ』を。女性らしい柔らかさが出ます」

■【コーデ活用術2】ワイドネックアウターの肩口からのぞかせる

フロントからストラップにかけてのケミカルレースがデコルテを華やかに演出する「コットンアコーディオンキャミソール」を愛用しているのはKyoko。

Designer Kyoko



<愛用しているインナーウェア>
「コットンアコーディオンキャミソール」


「コットンアコーディオンキャミソール」¥8,580
https://aromatique-japan.jp/products/detail.php?product_id=78

Kyokoはワイドネックのニットから「コットンアコーディオンキャミソール」のストラップをさりげなくのぞかせるのがお気に入り。

繊細なケミカルレースは見えても上品なのでアウターとの合わせ方でコーディネートの幅が広がります。
「ニットの他にもシャツのフロントから見せたり、透け感のあるブラウスにもおすすめ。レースの甘さを押さえたいときはマニッシュなアイテムと合わせます」

■【コーデ活用術3】バックシャントップスに華やかさをプラス

年齢を重ねると手を出しづらい、背中が大きく開いたアウター。それでもMasakoのように「コットンリバーレース ブラレット」を登板させれば、攻略できます!

Distributor Masako



<愛用しているインナーウェア>
「コットンリバーレース ブラレット」


「コットンリバーレース ブラレット」¥10,780
https://aromatique-japan.jp/products/detail.php?product_id=645

背中の開いたトップスを着たいけれど背中はあまり見せたくない… 揺れる女性心を解決するのが「コットンリバーレース ブラレット」。

「可憐なリバーレースを大胆に採用したブラレットを着るのは、気合を入れたい時や気分を上げたい時。背中の露出面積を抑えながら品良くバックシャントップスを楽しむことができます」

■【コーデ活用術4】透け感アウターとレイヤード

Harukaが愛用する「コットンストレッチ フィットブラ」。「子どもとの公園遊びやランニング、軽いヨガなど体を動かす時に重宝」しているほか、シンプル&ベーシックなデザインのインナーだからこそできる着こなしがあります。

PR Haruka



<愛用しているインナーウェア>
「コットンストレッチ フィットブラ」


「コットンストレッチ フィットブラ」¥9,900
https://aromatique-japan.jp/products/detail.php?product_id=630

それは透け感のあるアウターをレイヤードする着こなし。

「大きく胸が開いていたりレーシーなブラだといやらしく映りますが、シンプルなデザインの『コットンストレッチ フィットブラ』ならカジュアルに着こなせます。色もブラック、ミストグレー、パンジー(パープル)と綺麗で落ち着いた色味ばかりなので、大人も挑戦しやすいはず」

AROMATIQUEのインナーウェアを活用すれば、いつものアウターも新鮮な気持ちで着られるはず。挑戦しやすいテクニックから、ぜひ真似してください。

※価格はすべて税込です

Writing : tica tsushima


AROMATIQUEスタッフが本当に愛用している5アイテム

インナーウェアに求める条件はそれぞれにあるはず。それはAROMATIQUEのすべてを知るスタッフも同じです。そこで5名のスタッフ各々のインナーウェアのこだわりとともに、最愛の1枚をピックアップ。AROMATIQUEのアイテム選びの参考にしてください。

(1)ストレスと無縁な「コットンストレッチ フィットブラ&ショーツ」

  PR Haruka 

<インナーウェア選びで重視するポイント>
・敏感肌のため、素材と肌あたりのよさ
・出産以来、ワイヤー入りブラだと疲れやすい。さらに最近はリモートワークも多いので、リラックスして身につけられるもの
・デザインやパターンの美しさとカラーリング

「胸が小さいためメーカーによってはノンワイヤーブラやカップ付きキャミソールは胸が遊ぶことも」と話すHarukaが、1年前の発売当初より愛用しているのが「コットンストレッチ フィットブラ&ショーツ」。

「コットンストレッチ フィットブラ」¥9,900 
「コットンストレッチ フィットショーツ」¥3,805

愛用の理由は「フィット感がありながら、着心地が楽であるところ」。「コットンストレッチ フィットブラ」はオリジナルのカップ構造で、ノンワイヤーでもフィット感がありながら楽な着心地です。

セットで着たい「コットンストレッチ フィットショーツ」はウエストや足口のテープをなくし、肌にやさしくフィット。フロント部分が2重になっており、お腹まわりを程よくシェイプします。

「大人っぽくありながら、あまりない色味のパンジーカラーもお気に入りです」

<コットンストレッチ フィットブラ>
https://aromatique-japan.jp/products/detail.php?product_id=630

<コットンストレッチ フィットショーツ>
https://aromatique-japan.jp/products/detail.php?product_id=636

(2)ノンワイヤーで軽やかな着心地の「コットンリバーレース ブラレット」

   Distributor  Masako

<インナーウェア選びで重視するポイント>
・肌触りのよさと、締め付けを感じにくい着心地
・アウターからのぞかせたくなるディテールがあるもの

「ワイヤーなしでアンダーが楽! 首回りから肩甲骨全体にかけて支えるので、肩への負担がとても少ない」とMasakoが太鼓判を押すのが「コットンリバーレース ブラレット」。

「コットンリバーレース ブラレット」¥10,780

上品な光沢あるコットン生地を使用したノンワイヤーのソフトブラは、AROMATIQUEの定番人気。背中に華やかなリバーレースを大胆にあしらい、アンダーはテープを使用せずに生地折り返し仕様で優しい着心地です。

「締め付けを感じにくく、背中が開いたトップスからのぞかせるとアウターを上品に演出します。気分を上げたい時、気合を入れたい時に着ていますね」

<コットンリバーレース ブラレット>
https://aromatique-japan.jp/products/detail.php?product_id=645

(3)極上のなめらかフィット感!ケミカルレースが華やかな「コットンアコーディオンキャミソール」

  Designer Kyoko

<インナーウェア選びで重視するポイント>
・アウターと重ねてもかさばりにくい
・縫製がしっかりしている
・洗濯しても伸びづらい

デザイナーという職業柄、縫製などのディテールにまでこだわって選ぶKyoko。そんな彼女が選んだのが、アコーディオンリブに編み上げ、なめらかにフィットする「コットンアコーディオンキャミソール」。

「コットンアコーディオンキャミソール」¥8,580

Kyokoが2014年秋冬シーズンのブランド立ち上げ時から愛用している「コットンアコーディオンキャミソール」は、サイドに縫い目のない仕様で、ゴロつかず肌にやさしくフィット。アウターを重ねてもすっきりと着こなせます。

「インナーウェアはテープなどのパーツ選びでインナーっぽくなり過ぎてしまいますが、こちらは繊細なケミカルレースで上質感があります。胸元やストラップにあしらうことでデコルテが華やかになり、気分を上げてくれます」

身頃はKyoko好みの綿100%で柔らかく、ケアがしやすいのも魅力。アッシュグレーをはじめ、アウターと重ねてもスマートにコーディネートしやすいカラー展開です。

<コットンアコーディオンキャミソール>
https://aromatique-japan.jp/products/detail.php?product_id=78

(4)シーズンレスでデイリー使用しやすい「コットンリバーレースロングスリーブ」

  Marketing/Sales Namiho

<インナーウェア選びで重視するポイント>
・なで肩の体にフィットするもの
・へたりにくく、色落ちしにくいもの
・敏感肌のため着心地の良い素材

華やかなリバーレースをフロントパーツとスリーブに贅沢にあしらった「コットンリバーレースロングスリーブ」を推薦するNamihoは、そのデザイン性だけでなく実用性にも注目。

「コットンリバーレースロングスリーブ」¥22,000

「コロナ渦以前は出張が多く、キャリーバックとバッグを持ちながらの移動中は動きやすさも必須。そんな時にも重宝しました」とする理由は、脇から袖口にかけて内側が伸縮性あるメッシュで切り替えられ、腕が動かしやすいから。

体にフィットするのはもちろん、色落ちしにくく、へたりにくいのもポイント。

「ローゲージとハイゲージのどちらのトップスともコーディネートしやすく、シーズンレスに愛用できるのも魅力です」

<コットンリバーレースロングスリーブ>
https://aromatique-japan.jp/products/detail.php?product_id=590

(5)「シルクアコーディオンロングスリーブ」は、冬の必需品!

  Brand Producer  Mai

<インナーウェア選びで重視するポイント>
・フィット感が高く、肌にやさしいもの
・洗濯しても型くずれしにくく、取り扱いが複雑でないもの

「リブのフィット感、シルクの保湿・保温効果で、秋~春の3シーズン手放せない」と、Maiが2014年のデビュー当時から愛用する「シルクアコーディオンロングスリーブ」。

「シルクアコーディオンロングスリーブ」¥19,800

シルクをアコーディオンリブに編み上げることで、保温・保湿性を高めた、なめらかな着心地。

「滑りがよく、縫い目がないのでストレスなく着用できます。袖口のフリルのようなメロウをアウターの袖からのぞかせても可愛い!」

家庭で洗濯でき、滑らかな着心地でレイヤードしやすく、特に冬場は大活躍する1枚です。

<シルクアコーディオンロングスリーブ>
https://aromatique-japan.jp/products/detail.php?product_id=685

AROMATIQUEのアイテムはカラーバリエーションの豊富さも魅力。気になるアイテムから、好きな色を選んでインナーウェアのコーディネートを楽しんでください。

※価格はすべて税込です

 Writing : tica tsushima


冬のあったかインナーを選ぶコツ

日に日に寒さが増す季節になりました。防寒はしたいけれど、スマートに着こなしたい。肌の乾燥を防げるインナーウェアがほしい。冬によくある悩みをAROMATIQUEのアイテムが解消!Q&A方式でお届けします。

Q1. 保温性の高いインナーウェアはどれ?

A. ウールシルクのアイテムがおすすめです。

<ウールシルク バックレースロングスリーブ各¥17,600(税込)>

ウールの防寒性はよく知られていますが、シルクも優れた保温性と吸湿性があることをご存じですか? その2つの素材をブレンドしたウールシルクのアイテムが温かさではNo.1! シルクをミックスすることで、薄手でも充分に温かなためアウターに響かず、すっきりと着こなせます。さらにちくちくせずに肌当たりがやさしいのもポイント。

 <ウールシルクリブ ボトム各¥8,800(税込)>

トップスのほか、ボトムもラインナップ。タイツの上からはくこともでき、冷えやすい下半身をしっかり温めます。

【ウールシルク シリーズ オンラインストア】
https://aromatique-japan.jp/products/list.php?category_id=97

 

Q2. 肌の乾燥が気になる...。保湿性の高いインナーウェアは?

A. 吸湿性のあるシルクアイテムがおすすめです。

< シルクアコーディオン Vフロントキャミソール¥11,000(税込)>

シルクはかいた汗を吸収しながらも、適度な湿度をキープする吸湿性があります。そのため乾燥しづらい、肌にうれしい素材。

 シルクをリブ編みにすることで、さらに保温・保湿性を高めているのが「シルクアコーディオン Vフロントキャミソール」。光沢感があり、滑らかな生地のため、アウターとレイヤードする際も引っかかりません。シルクは通年使える素材のため、春夏も活躍するのもポイント。


【シルクアコーディオン シリーズ オンラインストア】
https://aromatique-japan.jp/products/list.php?category_id=96

 

Q3. アウターに響かず、着ぶくれしないしないインナーウェアは? 

A.リブ編みのウールシルクのトップスがおすすめです。

<ウールシルクリブ キャミソール各¥13,200(税込)>

着ぶくれにくさなら、伸縮性のあるリブ編みのもの。ボディラインにフィットして密着するため、薄手のアウターでも響きにくいのです。

ストレッチ性をさらに高めるために、細かなアコーディオンリブに編み立てた「ウールシルクリブ キャミソール」は、ウールとシルクをブレンドした素材を採用。保温性が高く、キャミソールでも充分温かなため袖まわりもほっそり!

【ウールシルク シリーズ オンラインストア】
https://aromatique-japan.jp/products/list.php?category_id=97

 

Q4. ぐっすり眠りたい!着用時にストレスフリーなアイテムは?

A. シルクのロングスリーブがおすすめです。

<シルクアコーディオン ロングスリーブ¥19,800(税込)>

吸湿・保温性があるシルクのアイテムなら、衣類内部の温度を快適な状態に保ち、冷えやすい冬も安眠に導きます。「シルクアコーディオン ロングスリーブ」は、リブ編みになので、より保温・保湿性を高め、なめらかな生地で肌あたりも◎。

わきの縫い目がないため着用時にゴロつく感触がなく、裾や袖口はメロウという波型のヘムラインなので縫い目が当たらず、体にフィットして温かさが増します。

【シルクアコーディオン シリーズ オンラインストア】
https://aromatique-japan.jp/products/list.php?category_id=96

 

体を冷やさず、すっきりしたスタイリングを実現するため、インナーウェアにこだわってはいかがでしょうか。

 

Writing : tica tsushima