「アウターから見えても安心、背中をきれいに見せたい、肌にやさしい」 女性のほしい!をすくい取るバックレースのトップス

■キャサリン妃のウェディングドレスに使用されたリバーレース

後ろ姿、意識していますか? 自分ではあまり目にしない部位だからこそ、気を配りたいもの。そんな女性の気持ちを汲み取ったアイテムが、バックレースのトップス。バックスタイルにレースを大胆に施したデザインはAROMATIQUEの自信作で、デビュー時からラインナップしているスターティングメンバーです。

人気の高いアイテムだけに、こだわりを凝縮。使用しているリバーレースは、キャサリン妃のウェディングドレスに用いられたことでも知られるフランスの老舗レースメーカー「ソフィアレット」のもの。トップメゾンにも提供されている、高品質で優雅なリバーレースを贅沢に使用しています。

 絶妙なさじ加減でリバーレースを取り入れているもポイント。バックコンシャスなアウターウェアとレイヤードしてもバックレースがのぞく程度にし、女性らしさを感じさせながらもセクシーになりすぎないように工夫しています。
背部が開いたアウターウェアから背中を見せたくない場合も、バックレースでカバーでき、幅広い世代の女性が取り入れやすいアイテムです。

■保温性抜群で肌にもやさしい!初めてのウールシルク素材

従来、コットンの身頃だけだったハイバックレースのトップスに、冬に向けて初めて保温性の高いウールシルクを使用したタイプがデビューしました。


<「ウールシルク バックレースロングスリーブ」各¥15,840>

取り扱いが難しく、チクチクするイメージの強いウールですが、AROMATIQUEではシルクを30%ブレンド。肌当たりがよくなるだけでなく、シルクのおかげで保温性もアップ! おかげでアウターウェアに響かない薄手でありながら、充分に暖かいのです。

ウールもシルクも天然素材のため、洗濯の回数を重ねても保温性が落ちることがなく、長期に渡って愛用できます。
編みや縫製にもこだわりが。筒状に編まれる丸編みにより、サイドはシームレスに。さらに裾の縫製は伸縮性のあるウーリー糸を使用し、肌当たりをやさしく、些細なストレスを極力減らしています。

ファッションの一環としてはもちろん、肌にやさしいインナーウェアをお探しの人もぜひチェックしてください。

<ウールシルク シリーズ オンラインストア>
https://aromatique-japan.jp/products/list.php?category_id=97

Writing : tica tsushima


アースカラーをラインナップ! アウターウェアとしても使えるAROMATIQUEのインナーウェア

■20秋冬新色はアウターと相性の良いアースカラー

「インナーウェアからコーディネートを考えてほしい」「アウターウェアからのぞかせても様になるインナーウェアを提案したい」
AROMATIQUEがもの作りをするうえで、大事にしているそれらの思い。
「MORE ENJOY」をテーマに掲げた20秋冬シーズンでは、より色濃く、アウターウェアとインナーウェアのスタイリングを意識したラインナップになっています。

AROMATIQUEの色はアウターの流行色の中から、ブランドの持つ世界観に近いものを選び取っていくスタイル。今季はチェスナットやテラコッタ、オリーブ、ネイビーといった日本の下着には少ないアースカラーに挑戦しています。

目新しさだけを狙ったわけではありません。アウターウェアとして着てもなじむ色味、アウターウェアからのぞいてもグラデーションになる色味を目指し、アウターウェアの一つとしてコーディネートできるインナーウェアが揃います。

■アウターウェアの一部にAROMATIQUEのインナーウェアを

こだわりは色だけではありません。例えばタイトなスカートが流行っていたら、スカートの裾からレースがのぞくスリップドレスを提案するなど、これまでもアウターウェアの一部となるインナーウェアを作ってきました。今季ももちろん、そのままアウターウェアにできるものをリリース。特におすすめはコットンリバーレースのパッド付きキャミソールと、コットンリバーレースのロングスリーブ。

袖口にコットンリバーレースがあしらわれたロングスリーブは、ニットなどの下に着用すると袖口がのぞく少し長めの袖丈。このレースの魔法を使えば、いつものニットも新鮮な気持ちで着られるはず。

今季はよりアウターアウターとの密接さを増し、インナーウェアのカテゴリーに留まらないAROMATIQUEのアイテム。ファッション感度が高い人も満足できるインナーウェアをぜひ手にとってください。

<AROMATIQUE 2020 AUTUMN&WINTR COLLECTION>
https://aromatique-japan.jp/user_data/2020aw.php

Writing : tica tsushima