冬のあったかインナーを選ぶコツ

日に日に寒さが増す季節になりました。防寒はしたいけれど、スマートに着こなしたい。肌の乾燥を防げるインナーウェアがほしい。冬によくある悩みをAROMATIQUEのアイテムが解消!Q&A方式でお届けします。

Q1. 保温性の高いインナーウェアはどれ?

A. ウールシルクのアイテムがおすすめです。

<ウールシルク バックレースロングスリーブ各¥17,600(税込)>

ウールの防寒性はよく知られていますが、シルクも優れた保温性と吸湿性があることをご存じですか? その2つの素材をブレンドしたウールシルクのアイテムが温かさではNo.1! シルクをミックスすることで、薄手でも充分に温かなためアウターに響かず、すっきりと着こなせます。さらにちくちくせずに肌当たりがやさしいのもポイント。

 <ウールシルクリブ ボトム各¥8,800(税込)>

トップスのほか、ボトムもラインナップ。タイツの上からはくこともでき、冷えやすい下半身をしっかり温めます。

【ウールシルク シリーズ オンラインストア】
https://aromatique-japan.jp/products/list.php?category_id=97

 

Q2. 肌の乾燥が気になる...。保湿性の高いインナーウェアは?

A. 吸湿性のあるシルクアイテムがおすすめです。

< シルクアコーディオン Vフロントキャミソール¥11,000(税込)>

シルクはかいた汗を吸収しながらも、適度な湿度をキープする吸湿性があります。そのため乾燥しづらい、肌にうれしい素材。

 シルクをリブ編みにすることで、さらに保温・保湿性を高めているのが「シルクアコーディオン Vフロントキャミソール」。光沢感があり、滑らかな生地のため、アウターとレイヤードする際も引っかかりません。シルクは通年使える素材のため、春夏も活躍するのもポイント。


【シルクアコーディオン シリーズ オンラインストア】
https://aromatique-japan.jp/products/list.php?category_id=96

 

Q3. アウターに響かず、着ぶくれしないしないインナーウェアは? 

A.リブ編みのウールシルクのトップスがおすすめです。

<ウールシルクリブ キャミソール各¥13,200(税込)>

着ぶくれにくさなら、伸縮性のあるリブ編みのもの。ボディラインにフィットして密着するため、薄手のアウターでも響きにくいのです。

ストレッチ性をさらに高めるために、細かなアコーディオンリブに編み立てた「ウールシルクリブ キャミソール」は、ウールとシルクをブレンドした素材を採用。保温性が高く、キャミソールでも充分温かなため袖まわりもほっそり!

【ウールシルク シリーズ オンラインストア】
https://aromatique-japan.jp/products/list.php?category_id=97

 

Q4. ぐっすり眠りたい!着用時にストレスフリーなアイテムは?

A. シルクのロングスリーブがおすすめです。

<シルクアコーディオン ロングスリーブ¥19,800(税込)>

吸湿・保温性があるシルクのアイテムなら、衣類内部の温度を快適な状態に保ち、冷えやすい冬も安眠に導きます。「シルクアコーディオン ロングスリーブ」は、リブ編みになので、より保温・保湿性を高め、なめらかな生地で肌あたりも◎。

わきの縫い目がないため着用時にゴロつく感触がなく、裾や袖口はメロウという波型のヘムラインなので縫い目が当たらず、体にフィットして温かさが増します。

【シルクアコーディオン シリーズ オンラインストア】
https://aromatique-japan.jp/products/list.php?category_id=96

 

体を冷やさず、すっきりしたスタイリングを実現するため、インナーウェアにこだわってはいかがでしょうか。

 

Writing : tica tsushima